トップ

ある程度の自己資金が必要になる

投資に興味があってマンション経営を始めてみたいと考えている人は多いでしょう。しかし、実際にマンション経営を始めるにあたってはある程度の自己資金が必要になります。銀行から融資を受ける際に、フルローンで借りることは難しく、頭金がないとなかなか貸してもらえません。また他にも諸経費などが必要になります。その金額がどのくらいになるのか、おおよそ把握しておくことが大切です。マンション経営をお考えならこちら。

まず、銀行から融資を受けてマンション経営を始める際には、物件価格の1割から2割程度の頭金が必要です。1,000万円のマンションであれば100万円から200万円になります。これに加えて不動産業者に支払う仲介手数料や司法書士に支払う報酬やマンションの火災保険料などの諸経費が合わせて80万円から100万円くらい、現金で支払うのが一般的です。そのため、マンション経営を開始する時点で用意していなければなりません。頭金と手数料の合計額は少なく見積もっても、物件価額の200万円弱くらい必要になるという計算です。高い場合には300万円くらいになることもあります。

これらの初期費用をできるだけ安く抑えるには、不動産業者と提携している金融機関のローンを利用しましょう。一般の銀行から借りるよりは頭金が安く済むためです。それでも、物件の購入価額の1割から2割程度の自己資金は必要です。
そして運用が上手くいき、利益が出た場合、不動産所得として税金がかかります。もしも、損失が出てしまった場合には税金はかかりません。サラリーマンが副業でやっている場合には、給与所得と合算して税額を計算するため税金が安くなります。

Copyright © マンション経営の初期資金. All rights reserved.